転職ノウハウ

転職が怖いのは当たり前!不安で動けない理由と失敗しない転職のコツ

07/17/2019

転職に一歩踏み出せないあなた!

「今の仕事に疲れて転職したいけど、新しい会社で上手くやっていけるか不安。」

「会社内で上手くいっておらず転職したいけど、転職先の環境がわからず心配。」

転職は新しい環境に飛び込む、人生のなかでもとても大きな出来事です。

そんな誰もが不安になる“転職”をしたいと思っても、不安で行動できなくなるのも仕方がありません。

この記事では「転職は怖いものだけどやり方次第でどうにでもなる」という内容で、転職について紹介します。

怖い転職をどうやってみんなが乗り越えているかを感じ、乗り越えた先にあなたにも明るい未来があることを信じて転職へ臨みましょう。

この記事でわかること

  • みんなが転職を怖いと感じる理由
  • それでも転職したほうが良い理由
  • 転職で失敗しないコツ

 

転職が怖いのは当たり前!誰でも新しい環境は不安

社会に出れば多くの人が経験するのが「転職」です。

一つの会社に勤め続けていたり、フリーランスで活動していたりしなければ、誰もが身近に感じて経験するものです。

そんな転職をまったく怖いと感じずに、楽しめる人なんていうのはほんの一握りではないでしょうか?

多くの人は不安や心配で行動できなくなり、せっかくの環境を変えたキャリアアップの機会を逃してしまう人もいます。

学生時代にさかのぼってみては、進学やクラス替え、新しい習い事など、子供の頃から新しい環境に進むときには、「怖い」という感情をどこか感じていたでしょう。

そんなときに感じる「不安」「心配」「緊張」といった感情を受け入れたり、逆に楽しめていたりと、人はさまざまな方法で乗り越えていくものです。

新しい環境というのは誰でも不安、つまり転職は怖くて当たり前、それをさまざまな方法で乗り越えていくんです。

転職が怖いと感じる6つの理由

転職を何度も経験している人でも、新しい環境に飛び込むときには“怖い”と感じるものです。

それには未知の環境に対する不安や心配があるためで、決してあなたが怖がりであるためではありません。

何も考えずに転職できる人もいれば、いつまでも怖いという感情を感じる人もいるでしょう。

転職が怖い6つの理由

  1. 人間関係に上手く馴染めるかわからない
  2. 給料が今よりも下がってしまうかもしれない
  3. 転職先が見つからず無職になってしまうかもしれない
  4. 新しい仕事内容に対応できるか不安
  5. 自分の年齢で上手くやっていけるか心配
  6. 自分のキャリアが通用するのかわからない

転職において新しい環境へ抱える不安はこちらです。

これは年齢や経歴、職種・業種にかかわらずに感じるものです。

「怖さ」を感じるということは、それほど慎重に、真剣に考えている証拠でもあります。

怖い、それでも転職した方が良い7つの理由

転職が怖いと感じる人は、悩んで、考えて、立ち止まることもあるでしょう。

しかし、少しでも「転職」が頭をよぎったのであれば、あなたの気持ちは何らかのサインを出していて、新しい環境を求めています

「転職が怖い!」
それでも「転職した方が良い」というのには、こんな理由があります。

怖くても転職したほうがいい7つの理由

  • 転職を考えたら今の会社には気持ちが入らない
  • 新しい環境はあなた次第で可能性を大きくする
  • 同じ景色しか見ていないと知識や思考が偏る
  • 好まない環境でやる仕事では成長しない
  • 今現在のあなたに合った働き方ができる
  • 悩んでいた人間関係を新しく構築し直せる
  • 抱えている悩みや不満を一度リセットできる

とにかく大きな要素としては、今の会社で抱えている悩みや不満をリセットしてやり直せること。

複雑な人間関係や、給料面のキャリアアップ、あなたのやりたい仕事を選択できることです。

「転職したい」と感じたら、あなたは今の会社に居るメリットをあまり感じなくなっています

転職は怖いですが大きなチャンスです。思い切って飛び込んでみましょう。

不安な転職で失敗しないコツ

転職を怖いと言っているばかりでは先へ進めません。

前向きにチャレンジするために、上手に転職を成功させるコツを紹介します。

会社を辞めたい理由と転職先への希望を明確化

今の会社を辞めるのには何らかの理由はあるもので、その理由を自分で理解していないことには、転職の成功は程遠いです。

それが給料でも、勤務時間でも、福利厚生でも、労働環境でも、転職先には理想以上を求
めて探しましょう。

当然妥協は必要になることもありますが、転職を成功させるためには希望を明確にすることが大切です。

>> 退職理由は嘘でもいい!建前でも良い理由と会社に伝えるのに使える嘘

自己分析をして客観的に見つめる

自分のことを知ることは、何よりも自分のためになります。

あなた自身の強み・弱みを理解することで、転職先で自信を持ってアピール出来るポイントもわかってきます。

同時に弱みもわかるため、苦手な部分をカバーする準備も出来ます。

願望や欲望で自己分析をせずに、しっかりと客観的に見つめることに大きな意味があります。

普段隠してしまいがちな「短所」に特に目を向けて見ると、いつも感じない“自分”が見えてくるでしょう。

信頼できる第三者に転職について相談する

自己分析では見えない部分も、第三者には見えていたりするものです。

ここで言う第三者とは、信頼・信用できる人であることが理想的です。

普段から一緒に仕事をしている上司や同僚など、あなたの癖や感情の動くポイントのわかる間柄である人なら、あなたのことを強く理解してくれているかもしれませんね?

しかし問題は、転職を考えているときに上司や同僚には相談しにくいということです。

そんなときには家族や友人など、あなたのことを理解している人へ相談しましょう。

または、転職のプロである「転職エージェント」に相談するもの得策であります。

転職エージェントの活用も◎

転職エージェントは、転職が怖いと感じている人には最適なサービスです。

転職者の気持ちを理解してくれて、あなたの転職の成功をサポートしてくれます。

しかも、転職エージェントは無料で登録して始められます。

しかしエージェントには個人差があり、クオリティに差がある場合があります。

そこで効率の良い方法としては、複数の転職サイト・エージェントに登録しておき、基本的にはそれぞれの得意分野でのサポートをやってもらいましょう

もしもイマイチだと感じたエージェントがいたら断りを入れ、あなたに合う転職エージェントに深く相談するといいでしょう。

あなたの転職の成功を願っています。

転職を有利に
【比較で選ぶ】転職サイトのおすすめ5選|特徴や口コミで成功の道へ

続きを見る

Copyright© workstyle-MAG , 2020 All Rights Reserved.